• 患者の皆さんへ
  • 医療関係者の皆さんへ
  • 研修医・医大生の皆さんへ
  • ドクターブログ
  • (寄付講座)徳島大学大学院 糖尿病・代謝疾患治療医学分野
  • 病院紹介
  • 院長挨拶
  • 病院の概要
  • フロアマップ
  • 交通案内
  • 駐車場について
  • 受診案内
  • 初めてご利用の方へ
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 出産のご案内
  • ストーマ外来
  • 透析外来
  • 人間ドック
  • 日帰り人間ドック
  • 脳ドック
  • 診療時間一覧
  • 受付時間一覧
  • 診療科紹介
  • 内科・消化器科
  • 小児科
  • 外科・肛門科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 耳鼻咽喉科
  • 眼科
  • 皮膚科・形成外科
  • 泌尿器科
  • 放射線科
  • リハビリテーション科
  • 部科紹介
  • 看護部
  • 臨床検査部
  • 薬剤部
  • 栄養管理科
  • アクセスマップ
  • スタッフ募集
  • 電話番号
  • メールでのお問い合わせ
  • スマートフォンの方はコチラ

無痛分娩についてのご案内

前のページへ戻ります

当院では、通常のお産はもちろん
硬膜外麻酔を利用した無痛分娩も行っています。

無痛分娩について

個性や多様性が重視される現在、お産の痛みに対する考え方も人それぞれで、痛みは我慢してでも自然に出産したいと考えている方もいらっしゃれば、できるなら痛みはなるべく感じないで出産して、体力を温存したいと考える方もいらっしゃることでしょう。
硬膜外麻酔無痛分娩は分娩の痛みを和らげ自然分娩を手助けする方法です。

無痛分娩は正常分娩時の痛みを和らげるための他にも、
妊娠高血圧症や、心臓病などの医学的な適応で行う場合があります。

無痛分娩のメリット

痛みを和らげ、リラックスして分娩を行うことができます。
痛みに耐えることによる体力の消耗を防ぐことができます。
  そのため分娩後早期から育児に積極的に取り掛かることができます。
陣痛・分娩への過剰な不安や痛みはお母さんの血管を収縮させ、子宮や胎児に流れる血液量を低下させることにより、胎児に対して悪影響を及ぼす可能性があります。無痛分娩ではこの悪影響を解除できるのでお母さんの疲労・苦痛のみならず胎児に対しても負担を軽減できます。

無痛分娩の起こりうる副作用・合併症

現在、欧米では硬膜外無痛分娩の安全性は確立しており、重い合併症が出現することは非常に稀です。しかし、無痛分娩はリスクが全くないわけではありません、多くは手術の麻酔と同じ副作用です。

一般的な副作用

1. 血圧低下(50分の1 - ときどき)
輸液を保持する、昇圧剤を使用するなどで対処します。母体の低血圧により胎児心拍の異常(徐脈)が出現することはまれですが、徐脈が顕著で回復しないようであれば、緊急帝王切開を必要とすることがあります。 

2. 硬膜穿刺後頭痛(100分の1 - まれ)
鎮痛剤にて対処可能です

3. 背部痛
鎮痛剤にて対処可能です

非常に稀な副作用

4. 麻酔薬の血管内誤注入
硬膜外腔に留置したチューブが血管内に迷入している場合や、硬膜外腔に注入した麻酔液が急速に血管内に吸収された場合に、局所麻酔薬中毒の症状が出現することがあります。麻酔液注入の際は、少量注入を行っており、また麻酔液注入後に血管内誤注入の症状(耳鳴り、口周囲の違和感、下の金属味)の有無を確認しているため、麻酔液中毒はまずありません。

5. 麻酔薬のくも膜下腔誤注入
硬膜外液と骨髄液が流れているくも膜下腔との隔壁は薄皮一枚です。チューブが硬膜外腔ではなく、くも膜下腔に入っていることに気づかず麻酔液を注入した場合、全脊椎麻酔(血圧低下、呼吸困難、呼吸停止)を引き起こすことがあります。ただし、麻酔液注入の際は少量注入で、脊椎麻酔になっていないか(くも膜下腔注入でないか)を確認しながら注入しているため、まず全脊椎麻酔になることはありません。チューブが硬膜外腔にちゃんと入っていても、その後動き回ることによってチューブがくも膜下腔へ迷入することがありますので、無痛分娩時はベット上からの移動は禁止します。

6. 硬膜外血腫、硬膜外膿傷、神経障害(5〜25万分の1 - 極めてまれ)

無痛分娩のスケジュール

無痛分娩を安全に行うために、当院では計画出産を行っています。硬膜外無痛分娩を行う日が決まれば、その前日に入院していただきます。子宮口の状態によりダイラパン、ミニメトロなどの子宮口を柔らかくして広げる器具を用いて処置を行います。十分に子宮の出口が広がったのを確認してから陣痛促進剤を使用して陣痛をつけます。規則的に陣痛がついてきたのを確認して硬膜外麻酔を開始します。そのため無痛分娩と言っても完全に無痛ではありません。

予約について

無痛分娩は予約が必要です。妊娠36週頃までに担当医に「無痛分娩希望」と伝えてください。
*事前の申し込みが必要になりますので、興味のある方はお早めにご相談ください。

費用について

硬膜外無痛分娩は手技料50,000円と使用した薬剤、カテーテルなどの材料代を実費でいただいています。また前泊分、分娩までに日数がかかった場合その日数分の入院費が必要です。

【無痛分娩を行った方の感想】

前回の出産の時、すごく痛かったので、今回は痛くなく産みたいと思っていました。そんな時に無痛分娩をした人の話を聞いて、無痛分娩が痛みもなく、楽だと知ったので、無痛分娩を希望しました。背中に麻酔を入れるのが怖くて、無痛分娩をするかどうか少し迷ったけど、思ったより麻酔を入れる時の痛みもなく、スムーズに入れ終わったので怖さもそんなになく良かったです。
赤ちゃんが出てくる直前は痛かったけど、それまでは陣痛の痛みもなく、普通に会話できたし、リラックスできました。赤ちゃんが出てくるのも分かったので、トータルで満足です。これからお産する人にも是非勧めたいと思います!

希望者には産婦人科医より、詳しい説明をさせていただきます。
産婦人科スタッフに声をお掛け下さい。
前のページへ戻ります

▲ ページトップへ